常に最新の情報を取り入れつつ、基本に忠実な治療を行うことを目指します。

ふくしげ歯科
〒586-0001 大阪府河内長野市木戸1-36-6
かぶせ物

大きなむし歯ができたり、根っこの治療を行ったりして、歯の頭の半分以上が失われた場合に歯の失われた部分を補充するためつくってかぶせます。
つめ物では対応できない場合に選択されます。

かぶせ物を作るには、以下の手順を踏みます。

1.むし歯を削ったり、根っこの治療を行う

画像1

2.土台を立ててかぶせ物を入れるための形(プリン型)に削る。

画像2

3.型どりをして技工所でかぶせ物を作り、歯にかぶせる。

銀歯

金歯

クラウン白

かぶせ物には色々な種類があり、見た目で分かるのはこの3種類です。
ふくしげ歯科では、根っこの治療が終わりに近づいた頃、かぶせ物の種類や特徴をご説明し、患者さんに選んでいただきます。